ロッキーのテーマ曲+負の感情

宅建学習開始前に、ロッキーのテーマ曲で鼓舞する

 宅建の学習を始める際に、毎日やっていたことは、まず最初にロッキーのテーマ曲を聴いて自分を鼓舞することでした。これは以前、肉体改造で減量をした際に実践していた内容であり、自分自身の心に火をつける意味で有効でした。

 いやー。あほらしいと思っていて今までこういうことは避けていたのですが、実際やってみると私はけっこう役に立ちました。

 当然ロッキーのテーマ曲はたまたま私が選んだ曲ですから、あなた自身の好きな曲に変えるなどして、この曲を聴いたらやる気が出るというような状態にしてみてはいかがでしょうか。

 一番重要なことは、違和感を感じながらもやってみるということです。本当にそんなことでやる気が出るのか?という気持ちを持ちながらでも、1,2週間続けてみると、それを聴くことが当たり前になる、つまり習慣化できる可能性があります。

 もちろん、曲を聴く以外にも、大声を出すとか、机の整理をするとか、いろいろ方法はあると思います。なんでもいいのですが、これをやったら間髪いれずに必ず宅建の学習を開始するというような動作を1つ、考えてみてはいかがでしょうか?

 こんなことをしなくても学習できるよという方であれば不必要だと思います。ただ、いつも長続きしないという方は一度試してみてはいかがでしょう。

負の感情をバネにするのも1つの手

 合格するためのモチベーションで、強烈なものがあります。それはくやしさ、うらみ、嫉妬などの負の感情を持って学習する方法です。

 あんな簡単な試験に何度も落ちたらダメだよ。と言われた時の怒りとか、会社の後輩が先に取得してしまった時の嫉妬とか、自分をフッた恋人を見返してやるという復讐心です。

 ずっとこの感情を持ち続けたまま学習をしていると、心がすさんでしまう可能性もありますが、学習を開始するきっかけとしては私は有効であると考えます。賛否両論あると思いますが、きれいごとだらけで何事もうまくいく世の中ではありません。

 ですがやはり最後には、なぜあんなことでイライラしていたんだろう。結局は自分が今までがんばっていなかっただけじゃなかったのか?と思えるようになって、過去の自分を冷静に見ることができるようになることも重要だと考えます。

 合格するという成功体験を味わえば、または、惜しくも涙をのんだ場合でも、納得するまで学習をがんばることができたのなら、心の余裕も出てくるはずです。

宅建試験・資格のスクール・通信講座

宅建【資格の大原】(申込み数1位)
創立50周年の実績を誇る資格の大原。法律の学習がはじめての方でも安心して学べるコースとカリキュラムを用意。

宅建講座比較エルエーの宅建講座
合格返金(最大50%)制度で2015年の申込み数が急上昇。徹底した事務運営の効率化で低価格を実現。

TACの宅建講座 
全くの初学者でも無理なく確実に合格が狙えるコース、夏から始める短期合格の決定版コースなど。

LECの宅建講座
1979設立。自宅で学べる通信講座やLECの書籍も有名。初学者からリベンジ組まで、多種多様のコースが選べる。

よく読まれているページ

宅建の概要

学習方法の検討

一発合格への戦略

試験直前から当日まで

モチベーションの保ち方

講座,参考書,自習室

リンク集