宅建試験の試験日、受験者数、合格点、合格率データ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録  

試験日、試験時間、出題形式、合格発表日、受付期間など(2014)

宅建試験日 2014/10/19(日) 試験時間 13〜15時(2時間)
出題形式 4択マークシート 合格発表日 2014/12/3(水)
出題数 50問(50点満点) 試験費用 7,000円
受験受付
(ネット)
2014/7/1(火)9時30分から7/15(火)21時59分まで
ネット申込みでは、試験会場を事前に指定可(ただし先着順)
受験受付
(郵送)
2014/7/1(火)から7/31(木)まで
消印が上記期間中のもののみ受付

 2014年度の宅建試験日(10/19(日))まで、今日から-2日(約0週間)です。
 受験受付が宅建試験の3か月前の7月のため、勉強に集中しすぎて申込みを忘れた!ということがないようにご注意ください。ネット申込みでは試験会場を指定(先着順)できます。ただし、ネット申込みの期限は郵送より短いのであわせてご注意ください。

申込み者、合格者、合格率、合格点など(過去14年分)

 ここではH25(2013)年からH14(2002)年までの過去12年分のデータを紹介いたします。参照元は財団法人不動産適正取引推進機構です。

 より詳細なデータは財団法人不動産適正取引推進機構や受験テキスト、学校、通信講座などで入手することが可能です。

 毎年およそ20万人が受験申し込みを行い、およそ3万人が合格しています。合格率は15%強で、50点満点中、約7割の35点前後で合格できることがわかります。

 簡単だと言われている宅建試験ですが(合格された方は簡単と言いたくなるのが常のようですが)、毎年80%以上の方が不合格であるという事実をここで認識しておきましょう。

  H25(2013) H24(2012) H23(2011) H22(2010) H21(2009)
申込者 234586 236350 231596 228214 241944
合格者 28470 32000 30391 28311 34918
合格率 15.3% 16.7% 16.1% 15.2% 17.9%
合格点 33点/50点 33点/50点 36点 36点 33点

  H20 H19 H18 H17 H16 H15 H14
申込者 260591 260633 240278 226665 216830 210182 209672
合格者 33946 36203 33192 31520 27639 25942 29423
合格率 16.2% 17.3% 17.1% 17.3% 15.9% 15.3% 17.3%
合格点 33点 35点 34点 33点 32点 35点 36点

 もちろん、自己管理をして一定期間学習を続けることができた方であれば、難関試験では無いという事もまた事実です。合格点は50点満点中35点前後となっています。

試験日から結果発表まで1ヶ月以上待たされます。

 宅建はマークシート試験でありながら、結果がわかる11月下旬〜12月初旬まで試験日から1ヶ月以上かかります。ですが、問題用紙を持ち帰ることができますから、多くの宅建の学習機関などが試験日当日に発表する解答速報を確認して、自己採点することができます。毎年18時〜21時あたりには速報が出ます。

 各学習機関から、合格予想点なども試験日当日に発表されますが、日にちが経つにつれ予想点が上下する場合もよく見られますので、あくまでも参考値としてください。

 試験機関や国土交通省が毎年試験後に会議を行い、出題ミスの確認や合格基準点の決定などをそこで決めるようです。それにしても試験日から合格発表まで1ヶ月以上待たされるのは長いと感じてしまうのは私だけでしょうか。他にもきっと理由があるのかもしれません。

合格予想点の真偽

 合格発表まで1ヶ月以上も待たされることになりますが、宅建の学習機関などが早いところでは試験日当日から合格予想点を発表します。

 ですが、これはあくまでも予想であり、実際の結果を見ると、予想と3点もずれていたなんてことも過去にありました。

 試験機関が合格者数を例年より増やす方針であれば合格点は下がりますし、合格者を減らす方針であれば、合格点は上がります。

 ただ、学習機関はそのような前提条件が過去と同じである、つまり合格者数は例年と同じと仮定し、かつ生徒の自己採点の結果などを過去のデータと比較しながら予想していますので、大きくはずれるということも無いようです。

 ただし、ボーダーライン上にいる方はその1点が非常に大きな違いとなるのですが。

満点ではなく、40点を目標に取る

 2012年度の宅建試験を含めた過去11年分の合格点を見ると、最も高くても36点となっています。

 つまり、試験機関が極端な合格基準の変更を行わない限り、50点中40点を確実に取る学習をすれば安心ということになります。40点を取れば試験直後に発表される合格予想点に一喜一憂する必要もなくなります。

 独学の方はとにかく過去問を10年分解き、よく出る問題は必ず100%解ける状態に。通信講座や通学講座を検討されている方は50満点ではなく40点を狙える効率的な講座として有名なLECなどを検討してみましょう。

 1ヶ月間発表を待たされるのですから、予想点ぎりぎりの方は合格発表まで仕事が手につかないといったケースも毎年掲示板などのコミュニティで見受けられます。

 過去問を完璧にこなし、理解を中心とした学習をすれば、40点を狙うことは可能だと思います。完璧にこなすとは、過去10年分はもちろん、さらに過去10年よりも昔の過去の問題も解き、重要な部分の暗記を意識的にしなくても、いつのまにか覚えてしまったというような状態です。

 そのためには、王道ですが、どのような試験であれ過去問やテキストを何度も何度も繰り返すことだと考えます。私は試験前までに、土地、建物、統計以外の全ての分野を7回繰り返しました。

試験は13時〜15時:試験本番で眠くならない方法

 宅建試験は例年午後1時から3時までの2時間です。昼食後の強烈な眠気は誰もが経験されていると思いますが、試験当日の昼食は糖質(ごはん、麺類、パン)を抜くか、半分にしてみましょう。糖質以外の脂質、タンパク質だけの食事(おかずだけ&サラダ)であれば血糖値がほとんど上がらないので強烈な眠気が発生しません。

 宅建試験に限らず、まずは普段の学校や会社で、昼食の糖質抜き(または半分、少量)を試されてみて下さい。午後のお勉強、お仕事がはかどります。個人差あるかもしれませんが、私はコーヒー・ブラックより糖質抜きの方が効果がありました。

独学の方が注意すべき重要なこと

 市販されている多くの過去問集などは10年分が多いですが、オークションなどでさらに古い過去問集を購入することもできますし、専門学校や通信講座に通っている方ならば、もっと簡単に入手することができると思います。

 裏話になるかわかりませんが、毎年行われている模擬試験などは過去10年よりも昔の問題を利用して作成する場合が多いようです。

 ただ、毎年法改正が行われていますから、過去問の解答が現在も通用するかどうかに注意を支払う必要があります。独学の方が最も注意する部分はここだと思います。学校や通信講座の方は、講師が法改正の部分を説明してくれるはずですから、言われた通りに学習すればよいことになります。

 また、例年、難問・奇問といわれる問題も数問出題されます。そのような問題は2度と出題されない可能性も高く、理解しようとして深く突っ込んでも時間の無駄となる可能性もあります。

 そのような過去問は受験される方の正答率も低いですから、もしあなたが使用しているテキストに載っていないような内容の問題であれば、いさぎよく捨ててしまうというのも1つの手段であると考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録  

宅建試験・資格のスクール・通信講座

宅建講座【資格の大原】 (申込み数1位)
  創立50周年の実績を誇る資格の大原。法律の学習がはじめての方でも
  安心して学べるコースとカリキュラムを用意。

宅建講座比較エルエーの宅建講座
  合格返金(最大50%)制度で2013年の申込み数が急上昇。
  徹底した事務運営の効率化で低価格を実現。

TACの宅建講座 
  全くの初学者でも無理なく確実に合格が狙えるコース、
  夏から始める短期合格の決定版コースなど。

LECの宅建講座
  1979設立。自宅で学べる通信講座やLECの書籍も有名。
  初学者からリベンジ組まで、多種多様のコースが選べる。

宅建の概要

学習方法の検討

一発合格への戦略

試験直前から当日まで

モチベーションの保ち方

講座,参考書,自習室

リンク集