宅建の学習期間中、他のテキストは一切見ない

 独学であれ、通学、通信講座であれ、1度決めたテキスト以外の物に手をつけることをお勧めしません

 特に、学習も中盤を迎えた方などが他のテキストに目をやると、他のテキストの方がわかりやすい部分や、使っているテキストに載っていない部分などを見て、本当に今使っているテキストだけで大丈夫なのだろうかという不安を持ってしまうからです。

 もちろん優秀な方であれば、いろいろなテキストを比較しながら学習することも可能だと思いますが、効率的に合格するという視点からは、1冊を完璧にこなすことに専念した方がよいと考えます。

 どうしても他のテキストなどでもっと調べたい部分などがある際は、参考程度に確認をし、あまりのめりこまないようにしましょう。

他のテキストに浮気することによる弊害

 他のテキストを1度見てしまうと、最悪はどっちつかずの状態に陥り、いろいろなテキストを見てたくさん学習したつもりという状態になってしまい、結局は効率的に覚えることができなくなるケースが多いです。

 テキストの種類によって、教え方は当然違いますし、学習の流れも違いますから、初志貫徹の精神で、あなたが1度決めたテキストをやり通す精神で学習しましょう。

 とはいえ、実は私も数冊参考書を持っていました。宅建試験の学習の途中で少し他の参考書を見たとき、見たことが無い用語やくせのある解説などが載ってあり、逆に不安になったため、それから一切他の参考書を見ることを辞めました。

満点を狙うのではなく、合格点プラスアルファを狙う

 正答率が高い、または絶対に落としてはならないような問題(=毎年出題されるような問題)だけを確実に解答できるようになれば、1冊だけで合格基準点はクリアできますし、40点以上を取ることも不可能ではありません。

 私は通信講座を利用しましたから、テキストはその講座で配布されているものだけを使い、わからない部分は徹底的にその講師に質問をするということを繰り返しました。

 それを最後まで徹底しましたから、自分が利用している通信講座ではない、他の学校の模擬試験を受験した際も、自分のやっているテキストでは解けないというような問題は試験後も悩まずカットしました。

 それでも本試験で40点以上を取ることができましたから、この考え方は間違いではないと考えています。

 また、ベテラン講師でも、実際に試験をして満点を取ることは難しいようですので、完ぺき主義の方はつらいかもしれませんが、確実に解ける問題を落とさないという学習の方がいいでしょう。

宅建試験・資格のスクール・通信講座

宅建【資格の大原】(申込み数1位)
創立50周年の実績を誇る資格の大原。法律の学習がはじめての方でも安心して学べるコースとカリキュラムを用意。

宅建講座比較エルエーの宅建講座
合格返金(最大50%)制度で2015年の申込み数が急上昇。徹底した事務運営の効率化で低価格を実現。

TACの宅建講座 
全くの初学者でも無理なく確実に合格が狙えるコース、夏から始める短期合格の決定版コースなど。

LECの宅建講座
1979設立。自宅で学べる通信講座やLECの書籍も有名。初学者からリベンジ組まで、多種多様のコースが選べる。

よく読まれているページ

宅建の概要

学習方法の検討

一発合格への戦略

試験直前から当日まで

モチベーションの保ち方

講座,参考書,自習室

リンク集