宅建以外の、その他の不動産関連資格

 ここでは、宅建試験以外の不動産関連資格を簡単に紹介します。難易度は、宅建を★★(星2つ)とした場合の比較です。

不動産鑑定士(難易度★★★★★)

 三大国家資格の1つである不動産鑑定士。司法試験、公認会計士に次ぐ難易度と言われています。合格率は2〜3%と非常に低く、逆にそれだけ価値の高い資格となっています。不動産の鑑定評価を行うのが主な仕事であり、宅建試験の試験範囲の中でも、不動産鑑定士が何をするのか問われたことが過去にあります。

 予備校や専門学校も1.5年〜2年という長期間のコースが多く、受講料も60万前後かかることからもわかる通り、計画的かつ継続的に学習する必要があります。つまり、働きながらこの資格を取得することは難しく、学習に専念できる時間が必要になってくるでしょう。

 国土交通省 - 不動産鑑定士

マンション管理士(難易度★★★)

 試験日が宅建試験の10月に対して、マンション管理士は11月であり、かつ宅建試験の試験内容とかぶる部分も多いため、宅建と併願受験する方も多い資格です。ただし、合格率は7〜8%であるため、合格率というデータから判断すると、合格率が15%前後の宅建よりも難しいということになります。

 求人雑誌などに、マンションの管理人募集が出稿されている場合がありますが、マンションの管理人になるために絶対に必要な資格というわけではありません。管理人と、マンション管理士は言葉は似ていますが、業務内容は各マンションによって大きな違いがあります。

 財団法人マンション管理センター

管理業務主任者(難易度★★)

 試験日が12月であるため、宅建(10月)、マンション管理士(11月)、管理業務主任者(12月)の併願をされる方もいます。

 社団法人高層住宅管理業協会

建築士(難易度★★〜★★★★)

 一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があり、合格率は一級が6〜11%、二級が19〜25%、木造が30〜50%程度となっています。設計、施工などの業務を行うことがメインとなります。

 財団法人建築技術教育普及センター

宅建試験・資格のスクール・通信講座

宅建【資格の大原】(申込み数1位)
創立50周年の実績を誇る資格の大原。法律の学習がはじめての方でも安心して学べるコースとカリキュラムを用意。

宅建講座比較エルエーの宅建講座
合格返金(最大50%)制度で2015年の申込み数が急上昇。徹底した事務運営の効率化で低価格を実現。

TACの宅建講座 
全くの初学者でも無理なく確実に合格が狙えるコース、夏から始める短期合格の決定版コースなど。

LECの宅建講座
1979設立。自宅で学べる通信講座やLECの書籍も有名。初学者からリベンジ組まで、多種多様のコースが選べる。

よく読まれているページ

宅建の概要

学習方法の検討

一発合格への戦略

試験直前から当日まで

モチベーションの保ち方

講座,参考書,自習室

リンク集